二世帯住宅の売却する理由は?

 

  • 両親と折り合いが悪くなった
  • 両親が老人ホームに入ることになり、引っ越しすることになった
  • 離婚することにした

 

など、二世帯住宅を売りたい理由は様々です。

 

ここで、
「二世帯住宅って売りづらいって聞いたけど・・・・」
と思うかもしれません。

 

確かに、”4人家族で住める一戸建”のほうが人気があり、二世帯住宅を求めている買主さんは圧倒的に少ないです。

 

売りにくい!時間がかかるけれど・・・

 

「じゃあ、諦めるってこと?!」

 

となりますが、そうではありません。
時間はかかりますが、売却することは不可能ではないです。

 

ですが、売却活動をするときの業者選びをミスすることで・・・・
売れない、または売れても格安、というケースが多々あります。

 

つまり、あなたの二世帯住宅を売却できるかどうかは、業者選びが勝負の肝となります。

 

 

解決方法はシンプル!不動産の一括査定サイト

 

「とりあえず、近所の不動産屋さんにお願いしようか」

 

明確な理由があるならばいいですが、適当に選ぶことはやめましょう。

 

業者選びを間違えると、、買主さんが見つからなったりと、数百万円以上の損をしたりデメリットがだらけです。

 

特に、二世帯住宅は業者選びがかなり重要!

 

そうした悩みを1分で解決する方法が一括査定サイトです。

 

不動産の一括査定なら60秒!

 

複数業者に60秒入力で一括査定依頼

 

複数の業者に一括して自宅の査定依頼することで、
競争原理を発生させます。

 

完全無料

 

相性の良い担当者も、一括査定!

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

※担当者、次第で運命が決まります。

 

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→https://sell.yeay.jp/

 

 

 

 

コラム:二世帯住宅のメリット・デメリット

 

住まいを考える際に、二世帯住宅という選択肢があります。

 

二世帯住宅には経済的、環境的、あるいは介護や相続などの面からも、様々なメリットを考えることができます。
もちろん、メリットばかりではなく多少のデメリットも付き物なので、両者をしっかりと考えていきましょう。

 

経済的なメリットとしては、単純に住宅を建てる際の費用を抑えることができる点です。

 

特に二世帯住宅を選択する際には、主に子の世代が家を建てることが多くなりますが、
その際に一から土地を探して取得したり、そこから住宅建設の契約や段取りなどを行わなければなりません。

 

その点、二世帯住宅によれば、親世代の土地をそのまま利用できたり、あるいは一緒に住むことで、
トータルコストが安くなるなど、経済的に非常に優しいものとなります。

 

それは環境面にも言えることで、エネルギーを節約することにも繋がります。

 

介護や相続に関しては、住宅をバリアフリーにすることで子供からお年寄りまで住みやすい環境を整えることができ、また常に家族が側にいるという安心感も得ることができます。

 

二世帯住宅は相続の手続きが、普通の住宅よりも簡易的なことが多いため、混乱も極力防ぐことが可能となります。

 

一方のデメリットとしては、住宅を建てる際に多くの家族の意向を反映させる必要があることや、家族間での揉め事からは避けられないことなどが挙げられます。

 

コラム:不動産査定・売却で必要な書類一覧

 

不動産査定と売却に必要な書類には様々なものがあり、マンションか一戸建てかでも違いがあります。

 

例えば一戸建てや土地の売買では土地測量図や境界確認書が必要とされます。

 

不動産の売却価格は1平方メートル当たりの単価に面積を乗じて計算するのが一般的です。

 

売却対象となる面積や境界線を明確にする必要があります。境界線が不明確な場合には、購入後にトラブルに発展することもあるので注意が求められます。

 

不動産査定・売却の前に隣接地の土地所有者と協議を行い、土地測量図を作成することが重要です。

 

一戸建ての売買では建築確認済証や検査済証、建築設計図書、工事記録書などが必要になります。

 

建築確認済証や検査済証は物権が建築基準法に反していないことを証明します。

 

建築設計図書や工事記録書は物件の維持管理に必要となる情報です。スムーズに不動産査定・売却を行う上で重要となります。

 

マンションの売却を行う場合には管理規約や使用細則、維持費などに関係する書類が必要です。

 

中古マンションを売買する際には維持管理に関するルールの確認が重要となります。

 

マンションの不動産査定・売却においては管理規約などが必要な書類とされます。その他にも一戸建て・マンションを問わず耐震診断報告書やアスベスト使用調査報告書、地盤調査報告書などが必要な書類とされる場合があります。

 

 

不動産の売買Q&A

 

二世帯住宅を売る場合の流れ

 

二世帯住宅を売る際には、流れとしてはまずとにかく多くの不動産会社に売却の相談をすることが必要です。面倒なことかもしれませんが、不動産売買は購入者と売却者の需要と供給で成り立っています。

 

多くの不動産会社を巡ることで、売却者の希望する条件で不動産を購入してくれる方に巡り会う可能性は当然高くなるため、根気よく行うことが求められます。

 

近年では不動産売買の相談を、インターネットで複数の不動産会社に一括して行うことができるので活用してみるといいでしょう。

 

また売却価格を欲張らず、妥協する必要があります。

 

一般的に二世帯住宅は家庭の様々な事情で売却に出されることが多い反面、購入する際には新築が選ばれやすく、中古物件は供給過多で需要が少なく、売却が難しい傾向にあります。欲張りすぎず、相場よりも売却価格は低くなる覚悟が必要でしょう。

 

売却できない場合は、賃貸経営を行うこともできます。近年ではシェアハウスが流行しているため、
住居の一部分を貸し出すなどのシステムをとることも可能です。賃貸経営を行う場合は、賃貸管理を専門としている不動産会社に相談しましょう。

 

二世帯住宅を売るにはとにかく根気が必要です。それでも駄目な場合は、様々な対応をとることが大事です。

 

 

相続した二世帯住宅の売却せずに放置したらどうなる?デメリットは?

 

二世帯住宅は玄関やキッチン、お風呂やトイレまで全て別々になっているので、同居をするよりも人間関係が円満になることから人気が高い物件です。

 

そんな二世帯住宅を相続した場合、売却せずに放置をしてしまうといくつかのデメリットが発生します。

 

二世帯住宅は、一般的な一戸建てと比べて敷地面積が広く、建物そのものも大きいことから固定資産税が高くなります。

 

 

固定資産税は住んでいなくても、相続して所有している人が支払わなければならないので、放置をしていても税金の支払いをしなければ督促状がおくられてきます。

 

そして住宅は放置をしていると、ポストにちらしが溜まってしまうので、傍目から見ても空き家状態になっていることが明らかです。

 

そうしたら誰かが家に忍び込もうとしたり、子供が探検するような気持ちで入り込んでイタズラをされる可能性があります。

 

また、家を放置しておくと、庭がある場合は雑草が生えてしまい、景観を損ねてしまい周囲に迷惑をかえることがあります。雑草が生えると、

 

虫が発生しやすくなるなど二次被害も起こってしまうので、相続した二世帯住宅を売却しない選択をしたときは、放置をせずに定期的に状態を見に行ってメンテナンスをすることが必要です。

 

 

家を売る or貸す※どっちがいい?メリットデメリットを解説

 

家を持っている人で自分や家族が住まなくなった家を売ることや貸すことを考える人は多くいます。どっちが良いかと調べる人も多くいますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。家を売る場合、メリットは大きな金額が手元に入る。毎年の固定資産税が掛からないことが挙げられます。デメリットは、大きな金額がまとまって入ると、収入となり、大きな税金がかかります。家を売る場合には、やり取りする金額も大きくなる為、なかなかすぐに売れることもありません。ずっと売れなくて保管しているのも、メンテナンスなどでお金が掛かったり、思っていたより安くなってしまったりします。売る場合には、ほとんど建物の価値はなく、土地の値段がほとんどを占めます。その築年数が多ければ多いほど土地の価格が多く占めます。貸す場合のメリットは、売買より金額が小さくなるため、ハードルが低くなります。そのため、売買より早く収入を得ることができることが多いです。デメリットは、メンテナンスにお金が掛かる場合があります。貸す場合には、住めるようにしておかなければなりません。生活に必要なものが古くなっていたり、使えなくなった場合には、修理をしなければなりません。どちらが良いのかもひとそれぞれ変わってきます。

 

 

不動産売却の専属専任媒介(専任媒介)一般媒介の違い

 

専属専任媒介(専任媒介)も一般媒介もどちらも不動産売却における媒介契約の一種です。専属専任媒介(専任媒介)の場合、売主は他の不動産会社に依頼することができない、且つその不動産会社が紹介する相手以外とは取引ができません。特に専属専任媒介では、自ら取引相手を見つけた場合でも依頼した不動産会社を通して契約を行うことになります。そうすると依頼を受けた不動産会社にとっては他業者から物件や情報を横取りされる心配がなくなるので、その分全力で販売活動を行うことができます。売主にとっても、専属専任媒介は一週間に一度、専任媒介は二週間に一度の頻度で販売状況の報告を受けることができるので、どの程度進んでいるのかを把握しやすく、依頼した不動産会社と二人三脚で進めることができるという両者のメリットがあります。これに対して一般媒介の場合は、売主は複数の不動産会社に重複して依頼できるだけでなく、自ら取引相手を探すことができるという違いがあります。依頼を受けた不動産会社は、取引を独占することはできないものの、業者間で情報を共有できるようになります。また、売主にとっても複数の不動産会社が幅広く情報を提供するため窓口が広くなり、取引が早く決まる可能性が高まるというメリットがあります。